斎藤歯科クリニック

予防矯正

予防矯正って?

乳歯から永久歯への生え変わりの時期に矯正装置の使用とトレーニングを行なうことで、 ”歯並びが悪くなる”、”噛み合わせが悪くなる”、”受け口になる”といった 不正咬合を予防する矯正治療をこちらでは特に「予防矯正」と呼んでいます。 子供の矯正治療は、ただ歯を動かすだけではありません。 顎の成長が途中の子供の頃から矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールする事が可能になり、 キレイに仕上がる・抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。 当院では、バイオセラピーも積極的に導入しております。 バイオセラピーとは口の機能を正常化する治療とトレーニング。 例えば、口呼吸を鼻呼吸にする・口を閉じる習慣をつける・正しい飲み込み方を習得するなど。 詳しくはお気軽にお問い合わせください。

早い時期からの矯正治療の必要性

予防矯正は成長期にあるお子様のあごの骨のバランスや大きさを整える1期治療と、歯の並びを最終的に整える2期治療からなる2段階治療です。特に1期治療はあごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子様だからこそできる治療です。
この時期にあごの骨の成長をスムーズに促したり、永久歯の生えるスペースを確保したり、悪い習癖(指しゃぶり、口呼吸、爪を噛むなど)を取り除くことができれば、なるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。

一期治療と二期治療の違いは?

一期治療は不正咬合の軌道修正、二期治療は完璧な永久歯列の為の仕上げ治療です。

一期治療では、土台となっている骨格の問題を解決して、成長の軌道修正をし、思春期成長期に骨格の問題が大きくならないようにします。 成長終了後、二期治療(歯並びの仕上げ治療)に入っていくのですが、大きな問題が一期治療で取り除かれていれば、より簡単に綺麗な歯並びへ仕上げる事ができます。 こうして2段階の矯正治療を行うことで、抜歯や外科的矯正治療の確率が少なくなります。 なかには一期治療だけで治療終了となるケースもあります。

取り外し可能の矯正装置

当院では、トレーナーシステム&マイオブレイスという小児用取り外し式の矯正装置を導入しております。こちらの矯正装置は、一般的な矯正装置とは違い簡単に取り外しが可能。年齢(お子様の成長期)により様々なタイプがあり、2歳から使用可能なものもあります。使用は夜間と日中1~2時間のみなので食事や歯ブラシの不都合もなく、とても快適な装置です。ただ自分で取り外ししてもらいますので、外しっぱなしでは効果は出ません。患者さんの協力がとても大切になってきます。今までにない画期的な矯正装置です。